かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

こま編み(わ編み)・徹底解説! < 

かぎ針編みの初歩  < 無料編み図・レシピ < HOME


こま編み(わ編み)・徹底解説!


ここでは左の編み図をもとに、こま編みをわに編む際に、分かりにくいポイントについてご説明しています。
次の目次にあるような細かい点を、アップ画像とともに解説してみました。
<もくじ>
[1] 作り目の数え方・その1   [2] わにするために引き抜くところ   [3] 作り目の余り糸をひっこめる
[4] 目数の数え方・その2     [5] 立ち上がり目と最初のこま編み   [6] 最初の目に引き抜き編み
[7] 目数の数え方・その3


こま編み・作り目の数え方・その1

[1] 目数え方・その1

こちらは、作り目の6つの目が完成したところです。
“ちゃんと作り目ができているか?”を確かめるためには、目を数えることになりますが、
はじめはどこを数えればよいのかちょっと迷いますよね。
上の写真にカーソルを合わせると、数えるべきところにマークがあらわれますので、ご参考になさってください。



こま編み・引き抜くところ1

[2] わにするために引き抜くところ

作り目が6つできていることを確認したら、次は最初の目に引き抜き編みをします。
“どこにかぎ針をさして引き抜き編みをすればいいの?”と、これもはじめは分かりにくいのですよね。
上の写真の濃くて細いピンク色の糸が通してある目です。ここにかぎ針をさして、引き抜き編みをします。



こま編み・引き抜くところ2

こんな感じでかぎ針をさします。



こま編み・引き抜くところ3

そして糸をかけて・・・



こま編み・引き抜くところ4

最初の目の中を糸を通し、かぎ針にかかっているもう1つの輪にも糸を通すように引き抜きます。



余り糸をひっこめる1

するとこんな感じになります。作り目はわのようにつながりました。
次は、2つの輪っかのように残っている、この余り糸をひっこめる方法をご説明します。

[3] 作り目の余り糸をひっこめる

上の画像にカーソルを合わせると、矢印があらわれます。
紫色の矢印が表示されている糸は、糸玉につながっていない糸端です。
この糸端を紫色の矢印の方向に少しだけひっぱると、白い矢印の余り糸が、
白い矢印のほうに吸い込まれるようにちぢみます。



余り糸をひっこめる2

上の画像にもカーソルを合わせてみてください。
白と紫の矢印が表示されている糸は、先ほどちぢんだ余り糸(この糸を“余り糸A”と呼びます)です。
糸端をひっぱると、余り糸Aが、(余り糸Aの上の)白い矢印の方向にちぢみ、
先ほど吸い込まれるようにちぢまなかった紫色の矢印側をひっぱると、今度はもう一方の
余り糸(こちらを“余り糸B”と呼びます)がちぢむ、という連動をします。

これら2つの余り糸をどちらもひっこめるためには、
まず、余り糸Bをてひっこめて、次に余り糸Aをひっこめる、という順番をたどります。

なので、まず、紫色の矢印側の余り糸Aの糸を、矢印の方向に向かってひっぱります。



余り糸をひっこめる3

すると、上の画像のようになります。これは、余り糸Bがひっこんだ状態です。
こちらの画像も、カーソルを合わせると矢印があらわれます。
つぎに、紫色の矢印の方向に向かって糸端をひっぱると、余り糸Aが白い矢印の方向に
吸い込まれるようにちぢんでひっこみます。
これで、余り糸は2つとも無事にひっこみました。



こま編み・目数の数え方・その2

[4] 目数の数え方・その2

上の画像にカーソルを合わせると別画像になります。
目数を数えるときのご参考まで。



こま編み・立ち上がり目と最初のこま編み1

[5] 立ち上がり目と最初のこま編み

さて、これから2段目を編みます。
2段目以降、段の編みはじめには、「立ち上がり目」という、くさり1目を編みます。
ちょっと分かりにくいのは、くさり目の次のこま編みを“どこにかぎ針を入れて編むのか?”という点。

濃いピンクの糸が通っているところが、こま編みをする際に針を入れるところです。



こま編み・立ち上がり目と最初のこま編み2

先ほどの位置を上から見た様子はこんな感じです。



こま編み・立ち上がり目と最初のこま編み3

立ち上がりのくさり1目を編んだらこのようになります。



こま編み・立ち上がり目と最初のこま編み4

そして、先ほどの濃いピンク色の糸で示した位置にかぎ針を入れるとこうなります。



こま編み・立ち上がり目と最初のこま編み5

かぎ針に糸をかけて引き出したところです。



こま編み・立ち上がり目と最初のこま編み6

そしてまた糸をかけて・・・



こま編み・立ち上がり目と最初のこま編み7

引き出すと、1つ目のこま編みができました。



こま編み・最初の目に引き抜き編み1

[6] 最初の目に引き抜き編み

2段目を編み終えるとこのようになります。全部で12目あることを確認してみてください。
さて、このあと最初の目に引き抜き編みをしてから、次の段に進むことになります。
そのとき、“どこにかぎ針をさして引き抜き編みをするのか?”というのもちょっと分かりにくいところ。

こちらも、上の写真の濃いピンクの糸で示してみました。



こま編み・最初の目に引き抜き編み2

かぎ針をさすとこのようになります。



こま編み・最初の目に引き抜き編み3

先ほどと同じ状態を上から見るとこんな感じ。



こま編み・最初の目に引き抜き編み4

引き抜き編みが終わると、このようになります。



こま編み・目数の数え方・その3

[7] 目数の数え方・その3

上の写真にカーソルを合わせると、別画像になります。
2段目以降、立ち上がり目付近の目数の数え方のご参考になればと思います。

2012.10.14