かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

こま編み(わ編み)・静止画説明 < 

かぎ針編みの初歩  < 無料編み図・レシピ < HOME


こま編み(わ編み)・静止画説明



ここでは、左の編み図をもとに、こま編みで“わ”に編む(丸く編む)方法についてご説明しています。

特に分かりにくいポイントは徹底解説ページでご説明していますので、そちらをご覧ください。
このページの説明よりも詳しい徹底解説がある場合、「★徹底解説あり」の添え書きをしています。



こま編み・静止画説明1[1] 
編みはじめ(作り目をする際)は、まず左の写真のように、人差し指に二重に糸を巻きます。

指にぴったりではなく、ゆったりとした輪にしてくださいね。











こま編み・静止画説明2[2]
二重に巻いた糸の輪を、崩さないように押さえながら、もう一方の手ではずしとります。













こま編み・静止画説明3[3]
左の写真のように、糸の輪を持ち直します。














こま編み・静止画説明4[4]
もう一方の手にかぎ針を持ち、糸の輪の中をくぐらせるように入れます。













こま編み・静止画説明5[5]
左の写真のようにかぎ針に糸をかけます。














こま編み・静止画説明6[6]
先ほどかけた糸を、かぎ針にひっかけたまま、輪の中を通してひっぱり出します。
ひっぱり出すと右の写真のようになります。












こま編み・静止画説明7[7]
[6]の状態で、もう一度かぎ針に糸をかけ、かぎ針のささっていた輪の中からその糸をひっぱり出します。
左の写真のように、糸がひっぱり出されます。












こま編み・静止画説明8[8]
今度はまた、かぎ針を大きな輪の中にくぐらせるように入れて糸をかけ、大きな輪の中から糸をひっぱり出します。
右の写真のように、かぎ針には2本の糸がかかった状態になります。











こま編み・静止画説明9[9]
[8]の状態から、かぎ針に糸をかけ(写真・左)、かぎ針にかかる2つの輪の中を通すように、一気に糸をひっぱり出します。












こま編み・静止画説明10[10]
[9]で糸をひっぱり出すと、右の写真のような状態になります。
これで、わの作り目の1つ目ができました。












こま編み・静止画説明11[11]
同じ要領で、[8]〜[10]を繰り返します。

編み図を見ると、1段目(作り目)は、こま編みが6目あります。[10]で1つ目ができたので、あと5回繰り返してくださいね。

左の写真は、2つ目の目ができたところです。








こま編み・静止画説明12[12]
目が6つできると、右の写真のようになります。














こま編み・静止画説明13[13]
目数の数え方は左の写真を参考にしてみてください。
徹底解説あり

6つ目があることを確認して、次のステップへ!











こま編み・静止画説明14[14]
目が6つできたら、最初の目に引き抜き編みをします。
このとき、どこにかぎ針をさせばよいのかが少し分かりにくいかもしれません。
右の写真の矢印が指しているところをご確認ください。
徹底解説あり










こま編み・静止画説明15[15]
先ほどの矢印で示した箇所にかぎ針をさします。
左の写真のようになります。













こま編み・静止画説明16[16]
[15]の状態でかぎ針に糸をかけ(写真・右)、かぎ針にかかっている3つの輪の中を通すように糸をひっぱり出すことになります。












こま編み・静止画説明17[17]
左の写真は、3つの輪のうち2つに通したところです。














こま編み・静止画説明18[18]
最後の輪にも、そのまま糸を通して引き抜きます。
右の写真のようになれば、「最初の目に引き抜き編み」をしたことになります。












こま編み・静止画説明19[19]
作り目はできました。
が、左の写真のように、6つの目はわになっているけど、真ん中が閉じていなくて、余った糸が2本はみ出ている状態ですよね。











こま編み・静止画説明20[20]
次はこのはみ出た糸を引っ込めて、真ん中をギュッと引き締めます。
このとき、(糸玉につながっていない)端っこの糸を一気にひっぱると、余っている糸の1本はひっこんだけど、もう一本がうまくひっこまない!ケースがあります。

そこで、端っこの糸を少しだけひっぱり、余った糸の2本のうちどちらがひっこむかをよーく見ていてください。
このときひっこんだほうの余り糸の、ひっこんだ側とは逆の側をひっぱっり出してほしいのです。

そうすると、もう1本の余り糸がスルスルとひっぱられてひっこみます。
右の写真はスルスルとひっぱられて余り糸の1本がひっこんで見えなくなったところです。
徹底解説あり

こま編み・静止画説明21[21]
次に端っこの糸を、ギュっと引き締めるようにひっぱります。
すると、残っていた方の余り糸もひっぱられてひっこみ、左の写真のようになります。
中央は閉じて、余り糸も2本ともなくなりました。
※左の写真は、編み地を裏側から見ています。

これで、編み図の1段目が終了です。







こま編み・静止画説明22[22]
編み地を表側から見ると右の写真のようになっています。














こま編み・静止画説明23[23]
さて、2段目に進みます。
2段目のはじめは、まず「立ち上がり目」として、くさり目を1つ編みます。

かぎ針に糸をかけ、かぎ針にかかっている輪の中を通してひっぱり出します。









こま編み・静止画説明24[24]
立ち上がりのくさり目を1つ編むと右の写真のようになりますよ。













こま編み・静止画説明25[25]
そして、左の写真で矢印が示しているところにかぎ針をさします。
徹底解説あり












こま編み・静止画説明26[26]
かぎ針をさすと右の写真のようになります。














こま編み・静止画説明27[27]
かぎ針に糸をかけ、かぎ針にかかっている3つの輪のうち、かぎ針の先端に近い2つの中をくぐらせて、糸をひっぱり出します。












こま編み・静止画説明28[28]
[27]の糸をひっぱり出すと右の写真のようになります。














こま編み・静止画説明29[29]
ここでもう一度かぎ針に糸をかけてから、最後の輪の中を通すように糸をひっぱり出します。

すると左の写真のようになり、立ち上がり目(くさり1目)と、1つ目のこま編みが編めたことになります。










こま編み・静止画説明30[30]
編み図を見ると、2段目はすべて増し目の記号になっています。
なので、2段目では、1段目の6つのこま編みの目に、それぞれ2目ずつこま編みを編み入れていくことになります。

右の写真のように、先ほどのこま編みを編んだときと同じところ(右の写真の矢印)に、もう一度かぎ針をさして、もう1目こま編みをします。







こま編み・静止画説明31[31]
[30]の矢印のところにかぎ針をさして、かぎ針に糸をかけ、糸をひっぱり出すと、左の写真のようになります。

もう一度糸をかけて、2本の糸の中をくぐらせるようにひっぱり出すと、2つ目のこま編みが完成します。










こま編み・静止画説明32[32]
同じ要領で、前段の1目につき、こま編みを2目ずつ編みます。
2段目は全部で12目(前段から+6目)編めているかを確認してください。

2段目の12目を編み終えると右の写真のようになります。









こま編み・静止画説明33[33]
2段目も、最初の1目に引き抜き編みをします。
左の写真の矢印が示しているところにかぎ針を入れます。
徹底解説あり












こま編み・静止画説明34[34]
先ほどの矢印が示すところにかぎ針を入れると、右の写真のようになります。

かぎ針に糸をかけ、3つの輪すべての中をくぐらせるように糸をひっぱり出します。










こま編み・静止画説明35[35]
引き抜き編みが終わると、左の写真のようになり、2段目が終了です!

3段目以降がある編み図でも、引き抜く位置などは同じですのでご参考になればと思います♪

長い説明にお付き合いいただき、ありがとうございました〜!


2012.10.14