かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

モチーフ・ネームタグ < 

子どものもの・おもちゃ  < 無料編み図・レシピ < HOME


モチーフ・ネームタグ


モチーフ・ネームタグ_かぎ針編み

うさぎとくまの顔モチーフに合わせて使うための、体を考えてみました。
体も、途中まで2枚のモチーフを合わせてあって、ぺらりとめくるとおなかの中の名前が見える形です。
ネームタグなどに使えればなと思います。

体モチーフにひと手間くわえれば、首にリボンをつけたうさちゃんや、エプロンをしたくまちゃんなんかができるかも。

【材料】
顔モチーフと合わせて使うので、顔に使った糸と同じもの

合太〜並太のコットン糸(グレー、白、茶)
5号かぎ針  毛糸針

【サイズ】
縦 7cm 横 7cm (ともに最大幅)

【作り方】
以下の説明と合わせて、動物モチーフ(体)編み図をご確認ください。なお、うさぎとくまの顔モチーフの作り方は別ページにあります。

@動物モチーフの顔を編みます。

A動物モチーフの体を、動物モチーフ(体)編み図のように編みます。
くさり8目で作り目し、こま編みの往復編みで6段目まで編みます。つづけてその糸で、まわりをぐるりと1周こま編みでふち編みします。
ここまで編んだものを2枚作ります。

2枚目を編み終わったら、糸は切らず、つづけてその糸で、体を2枚をはぎ合わせていきます。
編み図の中のピンク色の編み記号は、2枚を合わせて編むところで、はじめは2枚合わせて引き抜きはぎをし、手は2枚をつらぬくようにかぎ針を入れて編みつけます。

むらさき色の編み記号は、体の後ろ側の1枚だけに編むところですので、手を編み終えたら、次の引き抜き編みからは、後ろ側の1枚だけに引き抜き編みや足を編んでいきます。

B体が編み終わったら、糸を長めに残して切って、適当な場所まで編み地の中をくぐらせたりしながら、その糸で顔モチーフをとめつけるとよいかと思います。
モチーフ・ネームタグ_かぎ針編み
C体の手前の1枚をぺらっとめくると名前が見えるような形になります。
おなかの中に、布に名前を書いたり、刺繍したりしたものを縫い付けてみてくださいね。

D顔モチーフの裏側に安全ピンをつけて名札にしたり、頭のてっぺんあたりにくさり編みでチェーンを作って、キーホルダーのようにしてもいいかなと思います。
2011.6.21