かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

6枚はぎ子どもキャスケット < 

子どものもの・おもちゃ  < 無料編み図・レシピ < HOME


6枚はぎ子どもキャスケット


6枚はぎ子どもキャスケット_かぎ針編み

6枚はぎ子どもキャスケット_かぎ針編み6枚はぎ子どもキャスケット_かぎ針編み

6枚はぎ子どもキャスケット_かぎ針編み6枚はぎ子どもキャスケット_かぎ針編み

1歳8ヶ月になる弟用に作ったキャスケットです。
6枚はぎにチャレンジしてみました。
ペタンと平らになるので、かばんに忍ばせておくこともできそうです。

6枚のパーツをはぎ合わせるまでは、サイズや出来あがりをイメージしにくいのですが、何とかそれっぽく。
ブリムを編まなければ、ベレー帽としていけます。

ふくらみが大きい形なので、女の子がかぶっても可愛いんだろうなぁと。

サイズを確認しながら進めるのがむずかしいのですが、ぜひとも次は大人用にも応用してみたいです。

6枚はぎって他にもいろいろ使えそうな気がして、可能性を感じてしまう今日この頃。


【材料】
合太のコットンリネン糸(40g玉巻き 約97m)2個
 ※グレーとカーキの2色を使いました
編みくるみボタン用のボタン 直径22mm×1個
5号かぎ針


【サイズ】
頭まわり 約45cm
総重量 70g

【作り方】
●編み図は3種類ありますので、説明と合わせてご確認ください。トップサイドブリム

@まずはトップ部分の編み図のように、はぎ合わせるためのパーツ(同じもの)を6枚作ります。
くさり目1目から編みはじめ、全てこま編みで、24段目まで増し目しながら編みます。
25〜31段目までは目数の増減なく編み、32段目の両端で目を減らします。最終的な目数は22目になります。

Aトップのパーツが6枚できたら、こま編みはぎではぎ合わせます。
はぎ合わせるときの目数などは、どれもだいたい同じくらいになっていれば、さほど形に影響はないかなぁと思います(テキトウですいません)。
編み地の表裏も、往復編みなのであまり違いがないので、特にこだわりませんでした(テキトウですいません)。
はぎ合わせたほうの面(こま編みの出っ張っている面)を裏に、はぎ合わせた部分がへこんでいる面を表として使います。

Bはぎ合わせたトップの端から目を拾って、こま編みでサイドを編みます。
拾う目数は、編み図(サイド)のように、6枚の各パーツから22目ずつ、ぐるりと1周して132目になるようにします。
2段目で減らし目し、3〜6段目まで目数の増減なく編みます。

Cブリムは、編み図(ブリム)で示した位置から糸をつけて、目数を増減させながらこま編みをします。
6〜7段目は、両端(編みはじめと編み終わり)の減らし目以外は、目数の増減なく編みます。

D帽子のてっぺんに、こま編みで編みくるんだボタンをつけて出来上がりです。
2011.4.24