かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

子どもニットタイ < 

子どものもの・おもちゃ  < 無料編み図・レシピ < HOME


子どもニットタイ


子どもニットタイ_かぎ針編み

子どもニットタイ_かぎ針編み

子どもニットタイ_かぎ針編み子どもニットタイ_かぎ針編み

男の子の数少ないおしゃれアイテム。
ニットネクタイのご要望をいただき、とてもうれしく、とても楽しませてもらいながら作った作品です。

大人のニットタイは、以前に見ていいなぁと思ったことがありました。おしゃれなアイテムだけに、トータルコーディネートしてキマってないといけないね、なんて話しながら通り過ぎたものです。

子どもだったら、かっこいいジャケットがなくても、かわいいコワザとして使えそう。ちっちゃいのにおしゃれして出かけたりするのもいいな。

編み方はできるかぎりシンプルにしてみました。
このニットタイは、はじめからネクタイ型になっていて、細いひもで首にとめるタイプのもの。

モデルは、もうすぐ1歳半になる弟(服のサイズは80)です。

もうちょっと大きな子や大人用なら、ひたすら真っ直ぐ編んで、普通にネクタイ結びすればよいかと思います。

好みかとは思いますが、あまり太い糸だと編み地のおうとつが目立ってゴツくなってしまいそうなので、子ども用は特に、中細くらいまでの細さのほうがよいかなと思います。


【材料】
中細のコットン糸、3号かぎ針


【サイズ】
ネクタイの長い部分を広げて置いたとき 47cm×3.5cm  
着用時の長さ 約24cm
首まわりループの長さ(パーツ全て含む) 31cm

【作り方】
●編み図は3種類あります。ネクタイ部分結び目の輪首まわりループ
●編み地のアップ画像もご参考まで。

@ネクタイ部分は、鎖の作り目10目からはじめて編み図のように編み進み、133段目まで編み終わったら糸を切って糸処理をします。
作り目の数は、偶数であれば同様に編み進めることができるので、作りたいサイズに合わせて調整してください。
段数にも決まりはないので、ちょうどよい長さになるよう調整してくださいね。

A次に、結び目の輪は、鎖の作り目で18目作り、最初の鎖目に引き抜いて輪にします。
それ以降は編み図のように編み、3段目で増し目します。
2段目は18目、3段目は24目、4〜10段目は増減なく編むので目数は24目になります。
10段目まで編んだら糸を切って糸処理します。

このネクタイは、ネクタイ部分の作り目が10目なので、結び目の輪も幅を合わせるため10段目まで編んでいます。
もしネクタイ部分の作り目の数(ネクタイ幅)を増減させた場合、結び目の輪の段数は、ネクタイ部分の作り目の数と同じ段数を編んでください。

B首まわりループは、丸いパーツから編み始めます。
輪の作り目をして、鎖目2目で立ち上がり、編み図のように中長編みを編み入れます。
立ち上がりの鎖目に引き抜き編みをしたら、編み始めの糸をしぼって形を整え、そのまま続けて鎖目を70目編みます。
この鎖目の数で、ループの長さを調節してください。

鎖目70目を作ったら、丸いパーツを通すための輪を作るため、プラス8目編みます。
それ以降は編み図のようにもう2つ輪を作り、それができたら鎖目を引き抜き編みして引き返し、丸いパーツのあたりで糸を引き抜いて切り、糸処理します。

C3つのパーツができたら、ネクタイ部分を半分に折り、間に首まわりループを通します(写真・左下)。
そして、ネクタイを折った部分に結び目の輪をはめます(写真・右下)。
ズレてこないよう、結び目の輪とネクタイ部分を適宜縫いとめておいてください。

※こま編みにくらべると編み地がそり返りにくいかと思いますが、やはりネクタイの下のほうがクルリとカールしてしまうことがあるかと思います。
気になるようでしたら、水通しして形を整えて干したり、スチームアイロンをかけたりするとよいかと思います。

途中で糸を変えて、ストライプ模様にしたり、刺繍して模様をつけたりしても面白いですね。
いろいろアレンジして、楽しんでみてください。
2011.2.6