かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

ボーリングのピン < 

子どものもの・おもちゃ  < 無料編み図・レシピ < HOME


ボーリングのピン


ボーリングのピン_かぎ針編み

ボーリングのピン_かぎ針編みボーリングのピン_かぎ針編み

子どもの頃、ボーリングってとても楽しかった記憶が。
でも、うちの兄弟が本物のボーリングを楽しめるようになるのはまだまだ先の話です。

似たような気分だけでも味わえたらと、こんなおもちゃ。
兄がちょっと楽しみはじめたのは、4歳に近づいた最近のことです。

でも、兄が遊んでいると弟もすぐに向かってくるから、ベビーなりの楽しみ方もあるのかも。

最初は、本物のように10本作ろうと思っていたのですが、子どもが投げるボールで倒すには6本で十分でした。


【材料】
並太〜極太のコットン糸
7号かぎ針
ペレット
ポリわた


段数
目数の増減
52
-6
51
-6
50
-6
48〜49
±0
47
-6
43〜46
±0
42
+6
41
±0
40
+6
36〜39
±0
35
-6
31〜34
±0
30
-6
29
±0
28
-6
26〜27
±0
25
-6
10〜24
±0
9
+6
7〜8
±0
1〜6
+6
【サイズ】
高さ 20cm
胴回り 22cm(最大)

【作り方】
@輪の作り目をして、こま編みを6目編みます。

Aすべてこま編みで編み、途中、お好みで糸の色を変えてください。
2〜6段目までは、毎段6目ずつ増し目しながら編みます。
それ以降は右の表のように目を増減させながら編み、途中でペレット、綿の順番で入れます。

ペレットの入れ具合で、ピンの倒れやすさが変わってきますので、持った感じを確かめながら入れてください。あまり少ないと立てずらくなります。
複数のピンを作るので、毎回同じ分量を入れられるようにしてくださいね。
ちなみにわたしは、すべてのピンに、レンゲで山盛り1杯ずつ入れていました(できあがり寸法の2〜3分目程度)。

B最後の段を編み終わったら、編み終わりの糸を編み目に通してしぼります。
2010.9.21