かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

クロッシェ・パティシエのベリータルト < 

インテリア雑貨・かざりもの  < 無料編み図・レシピ < HOME


クロッシェ・パティシエのベリータルト


クロッシェ・パティシエのベリータルト_かぎ針編み

手のひらサイズのタルトです。
今回はタルトのクリームをチョコレートカラーにしてみました。

トッピングをずいぶん迷ったのですが、世の中のタルトにはいちごが使われることが多いようです。
やっぱりスイーツにいちごは欠かせないのですね。

ということで、今回もいちごなんですが、ちょっと形を変えて、たて半分に切ったものにしてみました。
ケーキ小箱のようなホールのいちごをのせてもいいと思います。




【材料】
並太のコットン糸(ベージュ、こげ茶)   中細のコットン糸(赤、紺、白)   3号/5号かぎ針(中細に3号、並太に5号を使用)
パーツ縫いとめ用のミシン糸と縫い針   ポリわた

【サイズ】
直径8cm  高さ3.5cm


【作り方】
段数
目数の増減
11
42(±0)
バックこま編み
9〜10
42(±0)
8
42(±0)すじ編み
7
42(+6)
6
36(+6)
5
30(+6)
4
24(+6)
3
18(+6)
2
12(+6)
1
6
@まずはベースのタルトから。タルトカップ(ベージュ)は、右の表をご参照ください。
輪の作り目で作りはじめて1〜7段目まで、タルトカップの底を編みます。
8〜11が側面になりますが、8段目は前段のこま編みの編み目の向こう側1本だけをすくって、すじ編みをします。
最終段の11段目でバックこま編みを編んで終わりです。

段数
目数の増減
8〜9
42(±0)
7
42(+6)
6
36(+6)
5
30(+6)
4
24(+6)
3
18(+6)
2
12(+6)
1
6

Aベースのタルトの内側(こげ茶)は、左の表をご参照ください。
こちらも輪の作り目で編みはじめ、7段目まで増し目をします。
@で作ったタルトカップの中に、Aで作った内側部分を入れるのですが、こま編みの編地の裏側を表として使いました(このほうが形がきれいだったので)。


B次に、飾りのフルーツは、それぞれ、いちごの編み図ブルーベリーの編み図をご覧ください。
いちご8個、ブルーベリー5個ずつ作りました。タルトにのせてみて、必要な個数をご確認くださいね。



C飾りの生クリームの編み図はこちらです。
輪の作り目で、1段目は中長編みを7目編みます。2段目は、前段の中長編みに、中長編み1目と、長編みの表引き上げ編み1目を編みいれて増し目します(+7目)。
なかなかちょうどよい大きさにできあがらず、苦肉の策でこの編み方になりました。ちょっと編みにくいかもしれませんが、どうかご容赦ください。

Dパーツがすべてそろったら、まずタルトカップとタルト内側を縫いとめます(途中で中に綿を入れます)。
ベースのタルトにいちごとブルーベリーと生クリームを縫いとめたらできあがりです。
2011.2.26