かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

クロッシェ・パティシエのモンブラン < 

インテリア雑貨・かざりもの  < 無料編み図・レシピ < HOME


クロッシェ・パティシエのモンブラン


クロッシェ・パティシエのモンブラン_かぎ針編み

クロッシェ・パティシエのモンブラン_かぎ針編み

小さいかごをリメイクして作ったモンブラン。
黄色いふたは、うちにあった和紙の糸を使いましたが、ぐるぐると引き抜き編みをして丈夫になるので、並太以上の太さがあれば大丈夫だと思います。

同じ大きさのかごを見つけるのは大変ですが、レシピとしては、かごにかぶせてあるこげ茶色のマフィンカップがおすすめです。

かごをはずして、このカップだけで置いても、なかなかよい小物入れになります。
スクエア型なので、2〜3個並べて使ったり、ボタンやアクセサリーなんかを入れても。


【材料】
並太の糸(黄色、茶色、金色)
3号/5号かぎ針(並太に5号、中細に3号を使用)
かご(直径9cm高さ7cm)
ポリわた


【作り方】
段数
目数の増減
15
-6
14
±0
13
+6
11〜12
±0
2〜10
+6
1
6

@モンブランの黄色いふたは、輪の作り目をして、こま編み6目を編みいれます。
2段目からはすべてすじ編みをします。 右の表のように目数を増減させながら編んでください。

A編み終わったら、表側から糸をつけて、すじ編みの編み目の、横に一本糸がわたっているところをすくって引き抜き編みをしていきます。
このとき、上のほうは栗で隠れるので、3段目から引き抜き編みをはじめて、段が切り替わる部分は、斜め下におりるようにして次の段に進みます。

段数
目数の増減
10〜11
-6
5〜9
±0
2〜4
+6
1
6
B栗も輪の作り目で編み始めます。左の表をご参照ください。
最終段の編み目の頭に糸を通して、(栗の形が)平らになるように合わせて巻きかがりします。
これをふたのてっぺんにとめます。

Cマフィンカップは編み図をご参照ください。
編み終わったら、金色の糸でくさり目を25目つくり、そのまま続けて6段目の長編みの段に、引き抜き編みを編みつけていきます。

D6段目を一周ぐるりと引き抜き編みでまわったら、最後にくさりを25目編んで終わります。 残り糸は、くさりの裏山に通して糸処理します。
このくさりをリボン結びして出来上がりです。
2010.12.29