かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

おせち料理(かまぼこ、伊達巻き、手まり麩) < 

インテリア雑貨・かざりもの  < 無料編み図・レシピ < HOME


おせち料理(かまぼこ、伊達巻き、手まり麩)


おせち料理(えび、にんじん、昆布巻き)_かぎ針編み

おせち料理(えび、にんじん、昆布巻き)_かぎ針編み

おせち料理の続編です。

今回も、かまぼこ、伊達巻きなど、オーソドックスなお品。黒豆と田作り?!は、もうちょっとたくさん作らねば…。

手まり麩はなんだかかわいくて、あれこれ作って、使ってみたくなってしまいます。

もうお正月に突入してしまうので、重箱づくりは来年かな。

ぎりぎりではありますが、作り方アップしますね。

おせち料理第一弾とあわせると、二枚目の写真のような雰囲気です。


【材料】
中細のコットン糸(白、ピンク、黄色、ベージュ、黒、グレー)
手まり麩の模様用の糸(ピンク、緑、青など)
3号かぎ
毛糸針 必要に応じて刺繍針
ポリわた


【サイズ】
かまぼこ5×3cm  伊達巻き5×3.5cm  手まり麩直径2cm


【作り方(かまぼこ)】
@かまぼこは、編み図をご参照ください。くさりの作り目2目からはじめますが、このとき、編んでいく方向に注意してくださいね。

A上がピンク色のかまぼこは、最終段の7段目だけ、糸をピンク色に変えて編みます。

B同じものを2枚つくり、2枚目は編み終わりの糸を切らず、続けて中長編みでまちを編みます。中長編みを編むときは、前段の目の向こう側1本だけをすくって編みます。
かまぼこの上のアーチの部分は前段の目数どおり拾って編み、底も編み目が等間隔になるようバランスをみながら適当な数の中長編みを編んでください。
ピンク色のかまぼこは、上のアーチの部分はピンク色の糸で、底は白でまちを編んでくださいね。

Cかまぼこの1枚にまちが編めたら、編み終わりの糸を長めに残して、もう一枚のパーツと巻きかがりでとめていきます(途中でわたを入れてください)。
このとき、上のアーチ部分は、もう一枚のパーツの、最終段の目のまち側の1本だけをすくってかがります。


【作り方(伊達巻き)】
@伊達巻きも編み図をご参照ください。
くさりの作り目6目から編み始めます。4段目は長編みと中長編みがまざっているので気をつけてください。

A同じものを2枚作ったら、2枚目は編み終わりの糸を切らず、続けてまちを編みます。
まちは、2段目の編み目の頭(とくさり目)の向こう側1本だけをすくって、ぐるりと1周、中長編みを編みます。

Bまちが編めたら、編み終わりの糸を長めに残して、この糸でもう一枚と巻きかがりします(途中でわたを入れてください)。
このときも、もう一枚のパーツの2段目の編み目の、まち側の1本だけをすくってかがります。


【作り方(手まり麩)】
段数
目数の増減
8
6(−6)
7
12(−6)
4〜6
18(±0)
3
18(+6)
2
12(+6)
1
6

@輪の作り目で、こま編みを6目編みます。2段目以降は、右の表のように目を増減させながら編みます。
途中でわたを入れながら編み、最終段の編み目の頭に糸をとおしてしぼります。

A麩の土台が出来上がったら、細めの毛糸や刺繍糸でお好きな模様をつけていってください。


【作り方(黒豆)】
@輪の作り目で、こま編みを6目編みます。2段目で3目増し、3〜4段目は増減なし、5段目で3目減らします。
途中でわたを入れながら編み、最終段の編み目の頭に糸をとおしてしぼります。


【作り方(田作り)】
@まず、くさりの作り目で13目つくり、左の図のように編みます。
A同じものを2枚編んだら、巻きかがりで2枚をはぎ合わせます。
Bこれに目をつけます。目ははぎ合わせる前か、後か、やりやすいほうでつけてみてください。
2010.12.29