かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

おせち料理(えび、にんじん、昆布巻き) < 

インテリア雑貨・かざりもの  < 無料編み図・レシピ < HOME


おせち料理(えび、にんじん、昆布巻き)


おせち料理(えび、にんじん、昆布巻き)_かぎ針編み

おせち料理(えび、にんじん、昆布巻き)_かぎ針編みおせち料理(えび、にんじん、昆布巻き)_かぎ針編み

年の瀬がせまると、目につき始めるおせち料理の宣伝。

品数が多くて、色とりどりで、思わずいろいろ作ってみたくなりました。
でもよく見てみると、形にするのが難しそうなものも多いみたい。
まずは、外せないえびから。
どれも2つずつくらい作って、(できれば)編み重箱に入れてみたいな。

昆布巻きは、余り糸の都合で並太を使いましたが、四角く編んで巻いただけなので、どんな糸でもOKです。


【材料】
中細のコットン糸(赤、生成り、オレンジ)
並太のコットン糸(茶色、ベージュ)
えびの目用の糸(並太チャコールグレイ)
3号/5号かぎ針(中細に3号、並太に5号を使用)
毛糸針
ポリわた

【サイズ】
えびの長さ10.5cm  にんじん直径3.5cm  昆布巻き5×2.5cm

【作り方(えび)】
段数
目数の増減
12〜19
20(±0)
11
20(+5)
8〜10
15(±0)
7
15(+5)
3〜6
10(±0)
2
10(+5)
1
5
@えびの頭は、輪の作り目でこま編み5目を編みいれます。2段目以降は右の表のように目数を増やしながら編みます。
編み終わりの糸を長めに残しておくと、えびの体とはぎ合わせるときに使えてよいかもしれません。
えびのひげや目などの装飾は、「えびの頭の飾りつけ」解説ページをご参照ください。

Aえびの体の作り方は、編み図をご確認ください。
1段目は輪の作り目で、長編み12目を作ります。3段目まで増減なく長編みを編み、6段目からは、1段おきに糸の色を変えながら編みます。
7〜13段目は、えびのしっぽが曲がるように、長編み、中長編み、こま編みをまぜて編みます。

編みすすめる途中でわたを入れてください。
編み図の青色の部分がおなか側(丸まった内側)にきます。
17段目まで編み終えたら、最終段の編み目の頭に糸を通してしぼります。

B引き続き、しぼったあたりの場所に糸をつけて、えびのしっぽを編みます。
えびのしっぽは、くさり目4目で立ち上がり、長長々編みを3目編んで、3つ目の長長々編みの編み目を引き抜き編みして根元へ戻ります。
しっぽが2枚並ぶように、同様にもう一回編み、根元で糸処理します。

Cえびの頭と体が出来上がったら、えびの頭の先に予め少しわたを詰め、それから体を差し込んでとめつけます。えびのしっぽが体から離れないように、糸でとめておきます。


【作り方(にんじん)】
@にんじんも編み図をご参照ください。
1段目は輪の作り目で、こま編みとくさり編みをまぜながら編みます。

A同じものを2枚作ったら、2枚目は編み終わりの糸を切らず、続けてまちを編みます。
まちは、2段目の編み目の頭(とくさり目)の向こう側1本だけをすくって、ぐるりと1周、中長編みを編みます。

Bまちが編めたら、編み終わりの糸を長めに残して、この糸でもう一枚と巻きかがりします。
このときも、もう一枚のパーツの2段目の編み目の頭の、まち側の1本だけをすくってかがります。
わたしはわたを入れませんでしたが、ふっくらさせたい場合、入れてみてください。


【作り方(昆布巻き)】
@くさりの作り目で12目作り、こま編みの往復編みで16段編みます。
長方形を編んで3つ折りにしているだけなので、糸の太さに合わせて目数を決めてくださいね。わたしが作った昆布巻きは昆布、かんぴょうともに並太で編んでいます。

A長方形が出来上がったら3つ折りにして、形が崩れないようとめておきます。

Bかんぴょうは、くさり編みを24目編み、端の糸はくさり目の裏山に通して糸処理します。こちらも昆布の大きさに合わせて、適当な長さに調節してください。
昆布にかんぴょうを結べば出来上がりです。
2010.12.27