かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

クロッシェ・パティシエのフルーツケーキ < 

インテリア雑貨・かざりもの  < 無料編み図・レシピ < HOME


クロッシェ・パティシエのフルーツケーキ


クロッシェ・パティシエのフルーツケーキ_かぎ針編み

クロッシェ・パティシエのフルーツケーキ_かぎ針編みクロッシェ・パティシエのフルーツケーキ_かぎ針編み

クロッシェ・スイーツの魅力にはまりつつあります。
色がきれいなことも楽しさのひとつ。

イチゴショートのつぎは、柑橘系を入れてみました。
見た目もおしゃれで、味もおいしいケーキを次々と作り出すパティシエってすごなぁ、と思いをはせながら、試行錯誤してこの形に落ち着きました。
これから、世の中の素敵なスイーツが気になりそうです。

土台のケーキは並太で編んでいるので、イチゴショートよりずっと早く完成しますよ。
トッピングのフルーツだけは中細にしました。


【材料】
並太のコットン糸(白、茶色)
中細のコットン糸(緑2種類、黄色、オレンジ、生成り、黒、赤、濃紺)
チョコの刺繍用の糸(金)、飾りをとめるミシン糸
3号/5号かぎ針(中細に3号、並太に5号を使用)
毛糸針、縫い針
ポリわた

【サイズ】
直径8cm  高さ6cm

【作り方】
段数
目数の増減
15〜20
-6
14
-6(すじ編み)
9〜13
±0
8
±0(すじ編み)
2〜7
+6
1
6
@ケーキの土台は、輪の作り目で、こま編みを6目編みます。
2段目以降は、右の表のように目数を増減させます。
8段目と14段目は、前段のこま編みの鎖の向こう側1本だけをすくって編む、すじ編みをします。
途中でわたを入れながら編み、最終段を編み終えたら、こま編みの目に糸を通してしぼります。

Aケーキ土台は編みはじめ側を上に、編み終わり側を底に使いました。
ふたの土台ができたら、糸をつけて、ホイップクリームをイメージしたポップコーン編みを12個編みつけていきます。
このとき、ふた土台の中心を向こう側に、ふちを手前側にもってきて、適当な箇所で引き抜き編みをして編み始めます(「ポップコーン編みの生クリーム」参照)。
ポップコーン編みの数や、つける場所は参考程度に考えていただければと思います。
中長編みの玉編みなんかでもよいかと思います。適宜アレンジしてください。

段数
目数の増減
5
-6
3〜4
±0
2
+6
1
6
Bつぎに飾りのラズベリーとブルーベリーを編みます(どちらも同じ編み方です)。
輪の作り目をして、こま編み6目で編み始めます。
2段目以降は左の表のように目を増減させながら編みます。途中でわたを入れてください。
編み終わったら、最終段のこま編みの目に糸を通してしぼります。

Cキウイとみかん・レモンは、編み図のように長編みで編み、キウイは黒い糸で種をつけます。
半分に折って、引き抜きはぎでとじます。

C最後は真ん中に飾るチョコレートですが、これはただの長方形なので、こま編みの往復編みで作りました。
ちょうどいい長さになるまで鎖編みをして、バランスよいところまで往復でこま編みを編んでいってください。
これに刺繍で「メリークリスマス」「ハッピーバースデー」などと書いて飾ればできあがりです。

別ページのレシピ「ケーキ小箱」にのせているイチゴをかざったり、アレンジを楽しんでくださいね。
2010.12.20