かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

ベレー帽の雪だるま < 

インテリア雑貨・かざりもの  < 無料編み図・レシピ < HOME


ベレー帽の雪だるま


ベレー帽の雪だるま_かぎ針編み
ベレー帽の雪だるま_かぎ針編みベレー帽の雪だるま_かぎ針編み

ちょっとおしゃれさせた雪だるまをひとつ。
季節のかざりもののおまけとして置いておけるくらい、ミニサイズです。

体と頭は続けて編んでいるので、はぎ合わせる手間はありません。

作っているうちに、どんなおしゃれをさせようかと、あれこれ考えてしまいました。
女の子バージョンを作って、バブーシュなんかをかぶせてみたらかわいいかな、などなど。
そのうち、いくつも増えているかもしれません。

【材料】
合太くらいのコットン糸(白、紺、オレンジ)
並太のコットン糸(水色)
4号かぎ針
ポリわた


【サイズ】
高さ8cm

【作り方】
段数
目数の増減
20〜22
-6
19
±0
15〜18
+6
11〜14
-6
8〜10
±0
7
+6
6
±0
5
±0 (すじ編み)
2〜4
+6
1
6

@雪だるま本体は、輪の作り目をしてこま編み6目から編み始めます。
目数は右の表をご参照ください。
増し目の法則性については、編み図(円)もご参照ください。

雪だるま本体は一体型なので、下半分(体の部分)を編みちぢめる前にいったんわたを入れ、続けて頭を編んでいきます。
頭を閉じてしまう前に、ここでもわたを入れ、最後の6目になったら、編み終わりの糸を通してしぼります。

段数
目数の増減
6
-6
5
±0
2〜4
+6
1
6
A次にベレー帽を作ります。
こちらも輪の作り目をして、こま編み6目で編み始め(1段目)、6段目まで目数を増減させながらあみます。左の表参照。

そして、ベレー帽のてっぺんのぴょこんとした飾りを付けます。
編み始めのあたりで引き抜き編みをして鎖を3目くらい編み、引き抜き編みで引き返してきて、根元で糸処理をします。

Bマフラーを編みます。
お好みの長さになるまで鎖編みをします。わたしはちょっと太目の並太くらいの毛糸で30目作りました。フリンジ風に見せるため、糸処理はしませんでした。

C雪だるまに目、鼻、口をつけます。
鼻はオレンジ色の糸で(にんじんをイメージ)つけました。ベレー帽の飾りと同じような感じで、鎖編みを3目くらいして引き抜き編みで引き返し、根元で糸処理をします。

Dベレー帽を縫いつけ、マフラーを巻いたらできあがり。
2010.12.13