かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

松ぼっくりのクリスマスリース < 

インテリア雑貨・かざりもの  < 無料編み図・レシピ < HOME


松ぼっくりのクリスマスリース


松ぼっくりのクリスマスリース_かぎ針編み

松ぼっくりのクリスマスリース_かぎ針編み

松ぼっくりやどんぐり、自然のなかにあるかわいいもの。
そんな素材で作られたクリスマスリースにあこがれて、かぎ針編みでまねしてみました。

どんぐりも作ったのだけど、合わせてみたらちょっとしっくりこなかったので、クリスマスを感じさせるりんごにしました。

きらきらの松ぼっくりは、中細〜合太の糸と、同じくらいの細さのラメ糸を2本どりにして編んでいます。

かごに入れた松ぼっくりには、北欧雑貨のお店で買い物したときにもらった、赤白しましまの紐を飾りにしてみました。
かごの中に、かわいい包み紙のキャンディなんかを入れてもいいかな。


【材料】
並太のコットン糸(茶)
中細のコットン糸(ベージュ、赤、茶)
中細のラメ糸
かご用のジュート糸
3号/5号かぎ針
ポリわた
形状保持材(テクノロート)


【サイズ】
リース直径16cm  かごの直径5cm
松ぼっくりの高さ4.5〜5cm
りんごの高さ(ヘタ含む)5cm

【作り方】
@松ぼっくりは、下の編み図をご参照ください。
[大]3枚、[中]2枚、[小]2枚ずつ編み、全7枚を組み合わせて、松ぼっくり1個を作ります。

かぎ針編み松ぼっくり[大]かぎ針編み松ぼっくり[中]かぎ針編み松ぼっくり[小]

すべて輪の作り目をして、こま編みを6目編みます。
2段目は、[大]は鎖3目と長々編み、[中]は鎖2目と長編み、[小]は鎖1目と中長編みで編みます。

このとき、[小]の1枚は、編み始めの糸か編み終わりの糸を、長めに(20〜25cmくらい)残しておきます※1。
編み終わりを残した場合は、中央の編み始めの輪の中を通して裏側に回るようにしておきます。

7枚のパーツができあがったら、※1の[小]パーツを一番下にして、「松ぼっくりパーツの重ね方」のように重ねます。

一番下の[小}パーツの残り糸を、全パーツの中央の編み始めの輪に通していきます。
一番上の[小]の中央に糸を通し終えたら、その糸を使って(てきとうな場所で引き抜いたりして)鎖を6目編み、根元でまた引き抜き編みをして、パーツの裏側のほうに渡して糸処理をします。
茶色の松ぼっくりを4個(かごの中の松ぼっくりを含む)、金色を3個作ります。


段数
目数の増減
10〜12
-6
6〜9
±0
5
+6
4
±0
2〜3
+6
1
6
Aりんごも、輪の作り目をして、こま編み6目から編みはじめます。
2段目以降は、左の表のように目を増減させながら編み(途中でわたを入れてください)、12段目を編み終えたら、編み目に糸を通してしぼります。
編み終わりの真ん中あたりに茶色い糸をつけて、鎖を4目程度編み、引き抜き編みで引き返してきて、根元で糸処理します。


Bリース中央のかごも、輪の作り目で、こま編み6目を編みます。
2段目以降は「かご編み図」をご参照ください。

Cリースの材料になる松ぼっくり、りんご、かご、ができあがったら、固めでしっかりした糸(わたしはかごを編むのに使ったジュート糸を使いました)を毛糸針に通して、丸いリース形になるようつなぎます。

このとき、形状保持材(テクノロート)を、左の写真のように毛糸針に通し、つなぎの糸と同じような場所に通しておくと、リースの形を比較的丸く保つことができるかと思います。
リースの輪の中をテクノロートが2本通るようにしたところ、かなり円形を保っています。

一番上のりんごの裏側に、ひっかけ用のひもを付けておきます。

Dリースができたら、かごを、はずれないように縫い付けます(ミシン糸を使いました)。
かごの中に松ぼっくりを入れてできあがりです。
2010.11.30