かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

ハロウィーンのかぼちゃ < 

インテリア雑貨・かざりもの  < 無料編み図・レシピ < HOME


ハロウィーンのかぼちゃ


ハロウィーンのかぼちゃ_かぎ針編み

ハロウィーンのかぼちゃ_かぎ針編みハロウィーンのかぼちゃ_かぎ針編み

秋も深まりつつ、そろそろハロウィーンの季節。
ハロウィーンというと、オレンジと黒で、かぼちゃに黒い帽子、おばけ。
そんなイメージはあるものの、それで実際何をするかというと、何をすればよいのか・・・。

札幌では七夕のとき、子どもがちょうちんを持って「ロウソク出せ出せよ〜」と言って、近所の家を回ってお菓子をもらう、というのがあるけれど、ハロウィーンもきっとそんな感じなのかな。
ハロウィーンのとき、実際にやってる子っているのかな。

とりあえず、ちょっとした小物でハロウィーン気分を。


【材料】
中細のコットン糸(オレンジ、黒)
3号かぎ針
ポリわた

【サイズ】
直径6cm  高さ4cm

【作り方】
段数
目数の増減
21〜27
-6
19〜20
±0
18
-6
16〜17
±0
15
+6
14
+6
12〜13
±0
11
-6
9〜10
±0
2〜8
+6
1
6

@輪の作り目をして、こま編みを6目編みます。

Aすべてこま編みで編み、2〜8段目までは、毎段6目ずつ増し目しながら編みます。
それ以降は右の表のように目を増減させながら編み、途中で綿を入れます。

B最後の段を編み終わったら、編み終わりの糸を編み目に通してしぼります。出来上がりの形は、編みはじめが下、編み終わりが上になります。

C編み終わったら、オレンジ色の毛糸を長めにとって毛糸針に通します(糸をきつく引っ張るので、わたしは毛糸を2本どりで使いました)。
下の写真・右のように、中心から8方向へ糸を渡してへこみをつけます。このとき、けっこうぎゅっと糸を引っ張らないとへこみが目立ちません。

段数
目数の増減
2〜3
±0
1
6
DCでできたかぼちゃにヘタをつけます。ヘタもすべてこま編みで、左の表のように3段編み、かぼちゃの上のへこみ部分にかがってとめます。

E最後に、針に黒い糸をとおして、かぼちゃに目、鼻、口を刺繍してつけます。
2010.10.15