かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク



月見だんご


月見だんご_かぎ針編み

月見だんご_かぎ針編み月見だんご_かぎ針編み

秋の行事といえば、中秋の名月、お月見でしょうか。
そんな風習が、子どもたちの頭の片隅にもあるといいなと思い、作ってみました。
本物のおだんごも用意して、十五夜お月様を眺めたいな。

作品については、とりあえず形にしたくて作ったので、作り方の説明もわかりにくいと思いますが・・・。
それでも、というかぎ針編みに慣れた方は、アイデアのご参考程度にどうぞ。
いちおう編み図もご用意しています。


【材料】
並太のコットン糸(白、ベージュ)
5号かぎ針
ポリわた
厚紙

【サイズ】
おだんご・・・直径4cm
台・・・15cm×15cm(最大)
月見だんご_編み図について
【作り方(おだんご)】
@輪の作り目をして、こま編みを6目編み入れます。
A途中で綿を入れながら、12段目まで編み図1のように編みます。最後の段の編み目に糸を通してしぼります。おだんごは15個作りました。

【作り方(台の上・外側)】
@輪の作り目で24目作ります。
A編み図2のように、6段目までは長編みと鎖編みで、毎段16目ずつ増やしながら編みます。
B7段目はこま編みで編み、4つの角の鎖部分は、束にすくってこま編みを4目編み入れます。こま編みで一周したら糸を切ります。
C4辺はそれぞれ、糸をつけて27目拾いますが、1段目だけは、前段のこま編みの編み目の、向こう側の一本だけすくって編みます。
D2〜7段目はこま編みを編んで、7段目が終わったところで糸を切ります。
E角になる4箇所を、巻きかがりでとめます。

【作り方(台の上・内側)】
@輪の作り目で20目作ります。
A編み図3のように、6段目までは長編みで、毎段増し目をしながら編みます。
B7段目はこま編みで編み、4つ角の部分では、こま編み2目を編み入れます。こま編みで一周したら糸を切ります。
C4辺はそれぞれ、糸をつけて26目拾いますが、1段目だけは、前段のこま編みの編み目の、手前の一本だけすくって編みます。
D2〜6段目はこま編みを編んで、6段目が終わったところで糸を切ります。※台の上の外側と内側を巻きかがりでとめるのですが、その際、間に厚紙を入れるので、厚紙を入れたときちょうどよい高さになるよう、段数は調節してください。
E角になる4箇所を、巻きかがりでとめます。
F台の上の外側と内側の間にはさむ厚紙を、形に合わせて作ります。
G外側と内側の間に厚紙をはさんで、こま編みはぎではぎ合わせます。外側と内側で目数が違いますので、調節しながら合わせていってください。

【作り方(台の下・穴なし)】
@鎖編みの作り目で19目を作ります。
A編み図4のように、こま編みで増減なく21段目まで編み、糸を切ります。これを3枚作ります。※わたしが作ると、この目数と段数でちょうど正方形になるのですが、ゲージをみながら、正方形になる段数をみつけてください。

【作り方(台の下・穴あり)】
@鎖編みの作り目で19目を作ります。穴の筒のつなぎ方イメージイラスト
A編み図5のように、こま編みで増減なく8段目まで編み、9段目からは丸く穴が開くように編んでいきます。これを2枚作ります。
B穴の周りをぐるっと一周、編地の裏(作り目の糸端が右にきている)からこま編みで17目拾います。そのまま10段こま編みを編みます。穴のある編み地は2枚ともこのように編み、この筒どうしを巻きかがりでとめます(右イラスト参照)。
CBの左右に穴なしの編み地をこま編みはぎではぎ合わせ、底にも同様に穴なしの編み地をはぎます。
D中に入れる厚紙を作ります。
E編み地の中に厚紙とわたを入れて形を整え、台の上と、巻きかがりでとめます。

2010.9.20