かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

マルシェ型きんちゃくポーチ < 

バッグ・ファッション小物  < 無料編み図・レシピ < HOME


マルシェ型きんちゃくポーチ


マルシェ型きんちゃくポーチ_かぎ針編み

マルシェ型きんちゃくポーチ_かぎ針編みマルシェ型きんちゃくポーチ_かぎ針編み

無性にたんぽぽの飾りを使いたくて作ったポーチです。

麻糸のバッグのふちに、ぐるりとたんぽぽをつけたらどうかな、などいろいろ想像していたのですが、まだどうするか決めかねています。
なので実は、このたんぽぽは縫いつけていない状態です。

たんぽぽの飾り方を思いついたら、ぜひ教えてくださいね。

シンプルでごくごく普通の形なので、丸いモチーフを編んで水玉模様にしたり、チロルテープをつけたり、いろいろ飾ってみたいなぁ。

そしてこれ、バッグと呼びたい形なのですが、小ぶりなのと、口にきんちゃくがついているので、そのままバッグに入れて持ち運べるかなぁと思い、この名前です。


【材料】
並太〜極太のジュート糸  中細のリネン糸
8号かぎ針(7号でもよいかと思います)、3号かぎ針

【サイズ】
縦(持ち手含まず) 13cm  横 21cm  総重量 90g

【作り方】
@作り方は、説明とあわせてポーチ編み図たんぽぽ編み図でご確認くださいね。
なお、糸はポーチ本体を編む糸の半分くらいの細さの糸できんちゃく部分を編むとちょうどよいかと思います。

段数
目数の増減
30〜32
±0(54目)
29(手前1本すくう)
±0(54目)
10〜28
±0(54目)
2〜9
+6
1
6
Aバッグ本体はすべてこま編みです。わの作り目で6目作ります。
2〜9段目まで毎段増し目しながら編み、10〜28段目までは目数の増減なく編みます。
増し目しながら丸く編む法則については、編み図(円)をご参照ください。

29段目だけは、後ほどバッグ口のきんちゃくを編みつけるため、前段のこま編みの頭の手前側1本だけをすくってこま編みをします。

Bバッグ本体を32段目まで編んだら糸を切ります。
持ち手は、目数の図にある位置を参考に、バッグに糸をつけて編みます。
くさり目を25目を編み、糸をつけた位置から数えて8目分あけて9目めのところで、引き抜き編みしてもう一方をバッグにつなぎ、一度糸からかぎ針を抜いて、バッグ裏側へ糸を引っ張り出して、またかぎ針を通して、くさり目の裏山をすくって引き抜き編みをして、持ち手の編みはじめにもどります。
言葉では分かりにくくてすいません!

C次はバッグ口のきんちゃくです。
バッグの裏側を見たとき、29段目のところだけ、すくわなかった1本の横糸があるのがわかるかと思います。
その横糸に、きんちゃく用の方眼編みを編みつけていきます(編み図参照)。

写真のように、ポーチ(ミニバッグ)としての使い方と、かごとしての使い方ができるので、メインで使うほうに方眼編みの表側がでるように編んでいけばよいかと思います(裏表の違いははっきりしないので気にならなければどちらでもいいかと思います)。

方眼編みのマス目が54個できるように編みます。
8段目まで目数の増減なく編み、9段目だけは、かざりのピコットを入れながら編んでいきます。

D9段目の方眼編みのマス目にひもを通します。
わたしはポーチ本体を編んだ糸を、そのままきんちゃくのひもとして使いましたが、ちょうどよい長さのくさり編みのひもを作るなど、お好みのものを用意してください。

E飾りのたんぽぽの花は、「たんぽぽのヘアゴム」に載っている作り方をご覧ください。
たんぽぽの葉は、編み図のように編みます。お好みの飾り方を見つけてくださいね。
2011.6.4