かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

ノスタルジック・つけ襟 < 

バッグ・ファッション小物  < 無料編み図・レシピ < HOME


ノスタルジック・つけ襟


ノスタルジック・つけ襟_かぎ針編み

ノスタルジック・つけ襟_かぎ針編みノスタルジック・つけ襟_かぎ針編み

このつけ襟、写真ではちょっと分かりにくいのですが、麻の葉模様のアレンジ版です。糸に対してちょっと太めのかぎ針でざっくりと編みました。

出来あがってみると、どこかノスタルジックな印象に見えたので、こんなタイトルにしてみたのですが。

ちょっと大きめの襟なので、白い服に白い襟、黒い服に黒い襟、みたいに目立たない感じでつけてみてもいいかな、と思ったりもします。

このつけ襟も短時間でできあがるので、色違いを作ってみたくなりました。


【材料】
中細〜合太のリネン(40g玉巻 約110m) 1個
5号かぎ針

【サイズ】
襟まわり 49cm(内側の狭いほう)  幅 8.5cm  ひも 29cm
総重量 30g

【作り方】
@作り方は、説明とあわせて編み図でご確認くださいね。
別ページに、「麻の葉模様の編み方」「麻の葉模様の編み方U」もありますのでご参考になさってみてください。

Aくさりの作り目で、136目作ります。
作り目は「3の倍数+1」ですので、ゲージ調節のご参考になさってください。分散増し目になっていますので、作り目の数が変わってもたぶんアーチ型になるかと思います。

B編み図のように、増し目をしながら6段目まで編んでいきます。1〜2段目は中長編み版の麻の葉模様、3〜4段目は長編み版、5〜6段目は長々編み版、といった具合に、2段おきに編み方が変わっていますのでご注意ください。

C6段目まで編み終えたら、次はふち編みをします。
このとき、最終段の6段目が裏、1、3、5段目が表になるように編地を見ながら、糸をつけてふち編みのこま編みを編んでいきます。
つけ襟の内側(首寄りの側)は、くさり目の部分は束にすくってこま編みをします。襟のいちばん下の部分だけはふち編みをせずに終わって糸を切ります。

D最後に、編み図の「ひも付け位置」に、それぞれ糸をつけて、くさりを75目編んで糸処理をします。
ひもは、このときのくさり目の数で、お好みの長さに調節してみてください。
2011.6.3