かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

マリンなボストン型ポーチ < 

バッグ・ファッション小物  < 無料編み図・レシピ < HOME


マリンなボストン型ポーチ


マリンなボストン型ポーチ_かぎ針編み

マリンなボストン型ポーチ_かぎ針編みマリンなボストン型ポーチ_かぎ針編み


ふと、マリンテイストのアイテムを作りたくなって考えたポーチです。
ボストン型というのも作ったことがなかったので、どうなるかなぁと思いながら作ってみました。

まずはお試しということでポーチを。
こま編みの往復編みを何段も編むのがちょっと大変ですが、ボストンの形ができあがるとうれしくなります。

もう少し太目の糸でバッグを作ってもいいかな。
ショルダーひもをつけて子どもが使ってもかわいいかも。


【材料】
合太くらいのラミー糸(白、紺)
中細〜合太くらいのリネン糸(ベージュ)
ファスナー(15cm) 1個
4号かぎ針

【サイズ】
横 21cm  高さ 10cm(持ち手含まず) 持ち手 28cm
総重量 100g

【作り方】
参考データとして、ポーチの目数の図ポーチ側面の編み図ポーチ持ち手の編み図はぎ合わせ図があります。

段数
目数の増減
2〜12
+6
1
6
@ポーチの両わきの円の部分から編みはじめます。
わの作り目で6目作り、すべてこま編みで、右の表のように毎段増し目しながら編みます。
12段目まで編むと、目数が72目になります。
同じものを2枚作ります。

A次にボストンの側面(ストライプ部分)を編みます。
段数
目数
63〜67
59〜67:72目
〜58:68目
62
55〜61
54
68目
47〜53
46
39〜45
38
31〜37
30
13〜29
22
15〜21
14
7〜13
10〜:68目
1〜9:72目
6
1〜5

くさり目の作り目で72目作り、すべてこま編みの往復編みで編みます。
途中で糸の色を変えながら(右の表参照)編んでいきます。

ポーチの目数の図にあらわしたように、ファスナーをつける関係で、1〜9段目は72目の幅で編み、10〜58段目は68目、59〜67段目はまた72目編みます。
ポーチ側面の編み図のように、左右の端でそれぞれ2目ずつ減増するのですが、58段目を編み終えたら、別途糸をつけてくさり2目を用意します(たった2目のためですが、そのほうがきれいに出来上がると思います)。

Bストライプ部分が編み終わったら、@で編んだ円とはぎ合わせていきます。はぎ合わせ図参照。
まず、円の1枚とストライプの片方の端を中表に合わせて、引き抜きはぎをします。
次にもう1枚の円を、ストライプの反対の端と中表に合わせて、引き抜きはぎします。

C次にボストンの入り口ですが、1〜9段目と59〜67段目の部分を巻きかがりでとじます。
こちらも、はぎ合わせ図参照。
10〜58段目の部分にファスナーを縫って止めつけます。
このポーチは、ちょうどよい長さの金属製ファスナーが見つかったのでそれを使いましたが、樹脂ファスナーをちょうどよい長さに切って使ってもよいかと思います。
ファスナーを切った場合は、端を何度か返し縫いしてファスナー止めを作っておいてくださいね。

Dポーチ持ち手の編み図のように、ポーチの持ち手を編みます。
くさり目を65目作り、増し目しながらぐるぐるとこま編みで編みます。
同じものを2本作ります。
持ち手を外表に二つ折りして、巻きかがりでとめますが、このときポーチに縫い付ける両端の部分を、4cmくらい残しておきます(ちょうどよい長さを確認してくださいね)。

Eポーチに持ち手をとめます。
左右とも、端から3本目の紺色のラインのあたりに持ち手をとめています。
バランスをみて、つける位置を決めてくださいね。
2011.526