かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

こじんまりラフィア風ハット < 

バッグ・ファッション小物  < 無料編み図・レシピ < HOME


こじんまりラフィア風ハット


こじんまりラフィア風ハット_かぎ針編み

こじんまりラフィア風ハット_かぎ針編みこじんまりラフィア風ハット_かぎ針編み

こじんまりラフィア風ハット_かぎ針編みこじんまりラフィア風ハット_かぎ針編み


そろそろ日差しが気になりはじめる季節ですね。
夏にかけて使えそうな、帽子がほしくなります。

リゾートにかぶっていけたらいいのだけど、わたしの現実は幼稚園バスの送り迎え。
そんなとき“つば広”タイプの帽子は、なんだかちょっと気が引けて、出番がありません。

そこで、街ユースな、つば狭・浅型タイプのこじんまりとした帽子を作ってみました。
マニラヘンプの糸で編んでいます。

この帽子のテーマは、いろいろなアレンジができること。
あれこれアレンジして写真を撮ってみました。

2段目の写真では、リバティプリントのバイアステープやレースを巻いています。
3段目は、帽子の形を変えた感じです。
あとは、レース糸で編んだブレードをつけたり、コサージュをつけたりしてもいいかなと思います。


【材料】
並太くらいのマニラヘンプ糸(20g玉巻 約50m)4個
4/6号かぎ針(飾りひものみ4号使用)

【サイズ】
頭まわり 54cmくらい
総重量 70g

【作り方】
箇所
段数
目数の増減
ブリム
40〜42
±0
33〜39
+6
サイド
31〜32
±0
30
+6
16〜29
±0
トップ
15
+6
14
±0
2〜13
+6
1
6
@帽子のトップから編みはじめ、すべてこま編みで編みます。
帽子には、6号かぎ針を使いました。

わの作り目で6目つくり、それ以降は右の表のように目数を増やしていきます。
わたしは編み図(円)のような法則の編み方が好きで、このように編みました。ご参考まで。

Aこの帽子はちょっと浅めなので、深さを調節していただくときは、サイドの16〜29段目の部分の段数を変えていただくのがよいかと思います。

B帽子が編み終わったら、次に飾りひもを作ります。
ひもだけ4号かぎ針を使いました。
くさり目200目を編んで、両端の糸はくさり目の裏山に通して処理します。

C帽子にひもを結んでできあがりです。
2011.4.28