かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

2wayショルダー < 

バッグ・ファッション小物  < 無料編み図・レシピ < HOME


2wayショルダー


2wayショルダー_かぎ針編み

2wayショルダー_かぎ針編み2wayショルダー_かぎ針編み

わくわくするような素敵な糸を買うことができたので、ストライプ模様のバッグを作ってみることにしました。

並太リネンと2本どりにして編んだので、編みあがってみると素敵糸そのものの感じがわかりにくくなってしまったのですが、今までにない感じにできあがりました。

今回ちょっと工夫してみたくなったのは、バッグ口。
方眼編みで巾着をつけてみました。
やってみるとなかなか便利なので、他にも応用してみたくなります。

この巾着は、ひもで閉じると1枚目の写真のようになり、開いてバッグの外にかぶせると、下・左の写真のようにふたになります。
そんなところから“2way”と銘打ってみました。

巾着が引っ込んで見えないときは下・右の写真のように、普通のショルダーバッグです。


【材料】
並太のリネン(30g玉巻 約40m)11個
合太〜並太の色糸(青緑、青グレー、茶)
7号かぎ針

【サイズ】
横 29cm  縦 18cm  ひも 90cm
総重量 340g

【作り方】
@作り方は、説明とあわせて編み図(本体)編み図(ひも)でご確認くださいね。

A生成りリネン糸を2本どりして、バッグの底から編みはじめます(バッグ口の巾着以外はすべて2本どりで編みました)。
ちなみに色糸の部分は、『色糸1本』+『生成りリネン1本』の2本どりにしています。
底はくさりの作り目で、29目作ります。それ以降は、編み図のように、7段目まで増し目しながら編みます。

B8〜36段目までは目数の増減なく、編み図の表にあるように途中で糸の色を変えながら編みます。バッグ口の巾着をつけるために、33段目だけは、前段のこま編みの頭の手前側1本だけをすくって編みます。

C36段目まで編み終えたら、続けて片側のひもを編みます。もう一方のひもは糸をつけて編みます。編み図(ひも)の位置参照。
ひもの長さは、このときに編む段数で調節してくださいね。

ひもが2本編めたら、編み終わりどうしを巻きかがりでとめます。
編み図(ひも)のように、両側とも、巻きかがりをしたあたりから糸をつけて、ひもと本体を続けてぐるりと一周、こま編みでふちを編みます。

D最後に、バッグ本体の裏側から糸をつけて、バッグ口の巾着部分を編みます。
このとき、巾着部分は青グレー糸を1本どりで編みます。

33段目裏の横糸(33段目表のこま編みを編むときにすくわなかった1本)をひろって、巾着用の方眼編みをします。
下図を参考にしてみてください。方眼のマス目が48個できます。
14段目まで編んで終わります。


E巾着ができたら、同様に青グレー糸を1本どりで、巾着のひもを編みます。
くさり目140目を編んで糸処理したものを2本作り、それぞれ巾着の方眼の14段目のマス目に通して端を結びます。
2011.4.22