かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

フェミニン・つけ襟 < 

バッグ・ファッション小物  < 無料編み図・レシピ < HOME


フェミニン・つけ襟


フェミニン・つけ襟_かぎ針編み

フェミニン・つけ襟_かぎ針編みフェミニン・つけ襟_かぎ針編み

これからいよいよ春、という気分のアイテム。つけ襟です。
写真では、丸首のチュニックにあわせてみました。
服の印象ががらりと変わるものですね。

こちらは白の中細コットンですが、次は細めの黒い糸で編んで、ベージュの服にあわせてみたいなぁ。

そして、小さな女の子がこんなつけ襟をしたら可愛いんだろうなぁと、思ったりします。

短時間でできあがるので、糸を変えて編んだり、段数を減らして細めにしたり、とアレンジしてみてくださいね。


【材料】
中細のコットン(30g玉巻 約109m)1個
3号かぎ針

【サイズ】
襟まわり 50cm(内側の狭いほう)  幅 7cm  ひも 29cm
総重量 20g

【作り方】
@作り方は、説明とあわせて編み図でご確認くださいね。

Aくさりの作り目で、141目作ります。
作り目は「5の倍数+1」ですので、ゲージ調節のご参考になさってください。分散増し目になっていますので、作り目の数が変わってもたぶんアーチ型になるかと思います。

B編み図のように、増し目をしながら8段目まで編んでいきます。編み図の中で、記号が太線になっているところは前段と違う部分ですので、ご注意ください。

C8段目まで編み終えたら、次はふち編みをします。
このとき、長編み(2、4、6、8段目)が表になる面を表側として、表側を見ながらふち編みのこま編みを編んでいきます。
つけ襟の内側(首寄りの側)は、くさり目を束にすくってこま編みをします。襟のいちばん下の部分だけはふち編みをせずに終わって糸を切ります。

D最後に、編み図の「ひも付け位置」に、それぞれ糸をつけてくさり目80目を作り、引き抜き編みで引き返してきて糸処理をします。
ひもは、このときのくさり目の数で、お好みの長さに調節してみてください。
2011.3.11