かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

麻の葉トートバッグ(縦長) < 

バッグ・ファッション小物  < 無料編み図・レシピ < HOME


麻の葉トートバッグ(縦長)


麻の葉トートバッグ(縦長)_かぎ針編み

麻の葉トートバッグ(縦長)_かぎ針編み麻の葉トートバッグ(縦長)_かぎ針編み

「麻の葉」の編み地を使って、縦長タイプのトートバッグを作ってみました。B5サイズがちょうど入るペタンコ型です。

麻の葉というネーミングにちなんで、こげ茶色のリネン糸を使ったら、ちょっと夏を髣髴とさせる雰囲気になりました。

この持ち手を使って、丸底タイプを作ったらまさに夏っぽさが出そうな気がします。

麻の葉模様は、わりとしっかりしていて透けすぎないので、入れるものによっては内布なしでも使えるかと思います。
でも気兼ねなく使いたいときは、やはり内布ですね。


【材料】
並太のリネン 40g玉巻(約61m)4個使用
 ・・・下に記載の総重量もご参考になさってみてください
7号かぎ針

【サイズ】
横 22cm  高さ 28cm(持ち手を含むと40cm)
総重量 130g

【作り方】
@詳しくは編み図をご覧ください。トート(底)トート(側面)トート(持ち手)トート(両わき)の編み図があります。
別ページに、「麻の葉模様の編み方」「麻の葉模様の編み方U」もありますのでご参考になさってみてください。

Aまずはバッグの底から編みはじめます。底はくさりの作り目で40目作ります。編み図のように、1〜2段目の両端で増し目しながら、ぐるぐるとこま編みを編みます。
1段目・84目、2段目・88目になります。3〜6段目までは増減なく編みます。

B7段目から「麻の葉」模様に入ります。側面をぐるりと1周編むと、麻の葉模様が22個できます。17段目まで目数の増減なく編みます。
編み図のように、奇数段と偶数段で、立ち上がりの編み方と編み終わりの編み方が違っています。ここがいちばん間違いやすいところかと思いますので、念のため確認しながら進めてみてください(やり直しの経験上・・・)。

C18段目から持ち手につながる部分に入ります。ここからは、両端で目数を減らしながら往復編みをします。
片側は本体を編んでいた糸でそのまま編み進められますが、もう一方は糸をつけて編みます。
バッグ入り口部分になる箇所をこま編み3段編み終えたら、端に糸をつけて、持ち手になるくさり目を編みつけます。持ち手の長さ調節は、このくさり目の数を増減させてくださいね。

Dトート両わきは、持ち手の編み図で示した箇所に糸をつけて編みはじめます。持ち手も含め、ぐるぐるとこま編みを3段編みます。両わきのV字になっている部分だけ減らし目をします。
2011.3.3