かぎ針編みレシピ・編み図、手芸材料のお店 ロニーク

うね編みアレンジのネックウォーマー < 

バッグ・ファッション小物  < 無料編み図・レシピ < HOME


うね編みアレンジのネックウォーマー


うね編みアレンジのネックウォーマー_かぎ針編み

うね編みアレンジのネックウォーマー_かぎ針編み
うね編みアレンジのネックウォーマー_かぎ針編みうね編みアレンジのネックウォーマー_かぎ針編み

昔なにかの本で見た素敵なネックウォーマー。
それは棒針編みだったから、気になってはいたものの作る機会をのがしていました。

でもやはり風が冷たくなってくると、肌ざわりのいい、ふわっとしたネックウォーマーがほしくなり・・・。

ゴム編みをまねして、うね編みをアレンジした編み方で簡単なネックウォーマーを作ってみました。

わたしなりのポイントは、糸に対して太目のかぎ針でほんわか編むこと。
糸にちょうどのかぎ針で編むより、心なしかふんわりとした温かさが増すような気がします。

ぜひ、触れて気持ちのよい毛糸で。


【材料】
並太くらいのオーガニックコットン(グレー)
6号かぎ針

【サイズ】
53cm × 14cm(広げて置いたとき)

【作り方参考ページ】
うね編みアレンジ

【作り方】
@鎖の作り目で、56目作ります。

Aうね編みのアレンジ版で編みます。別ページ「うね編みアレンジ」に詳しく掲載しました。
うね編みは、毎段、前段のこま編みの頭の向こう側1本のみをすくってこま編みを編んでいくかと思います。

ここでは、奇数の段(1,3,5・・・表側を編むとき)は向こう側1本を、偶数の段(2.4.6・・・裏側を編むとき)は手前側1本をすくって編みます。
常に、表側にすくわない1本が残って見えていて、うね模様がもっとはっきりする感じです。

この編み方でひたすら97段目まで編みます。

B編み終えたら、編み地を縦半分におり、下をこま編みはぎします(一番下の写真左参照)。両脇ははぎ合わせず開いた状態にしてあります。

C適当なところにボタンをつけ、ボタンに皮ひもをとめればできあがりです。
2010.12.8